キズやへこみは売る前に直した方がいいの?

バイクの買取が初めての方は色々分からないことも多いでしょう。実際に正しいと思ってやっていたことがマイナス評価につながってしまったという話はよく聞きます。その中でもキズやへこみの修復は売る前にした方がいいと思っている人が多いので、実際のところはどうなのかについて詳しく紹介します。

工具バイクを買取ってもらう時には査定を受けることになりますが、その中でも気になるのがキズやへこみではないでしょうか。基本的に小さな傷などは査定でマイナスポイントとなることはありません。では大きな傷やへこみはどうなのでしょうか。結論から言うと大きな傷やへこみは少ない方が高額査定に繋がります。しかし、修理をしてまで直すほどではありません。何故なら修理をしてもその分の元を取ることはできないからです。結果的に損をすることになるので、修復はしない方がいいでしょう。

業者に依頼をすると高くなるけど、自分で修理をしたら安く済むからその分高く売れるのではないか?と思っている方もいますが、自分では修理はしない方がいいと言われています。特に修理に詳しくない人が直してしまうと逆にマイナスポイントに繋がることがあります。減額にならないためにもできる限り自分では修理をせずにそのままの状態で査定をした方がいいでしょう。